不動産売却相場は一括見積がおすすめ マンション、土地査定までの流れと口コミ情報

MENU

不動産査定相場は一括見積 売却までの流れとは

 

家売却

不動産を少しでも高く売却する際に注意したい3ポイント

 

1.一社でも多くの不動産会社に見積もりを取る

 

2.信用できる不動産会社、担当者を見つける(スムーズな連携が大事)

 

3.所有物件の適正相場を知り、ゆとりを持ったスケジュールで売却

 

 

不動産会社に自宅や所有物件などの査定依頼をするのは初めてという方は多いと思います。

 

最近では、イエイ、スマイスター、イエウールといった、

 

ウェブ上で完結する複数不動産会社に一括査定依頼が出来るサービスがあるので、家やマンションの査定額を知るのは非常に簡単です。

 

スマホや、タブレットでで気楽に所有物件の価値がわかる時代になりました。

 

不動産会社がどのように不動産価格の査定をするのか気になりますよね。

 

少しでも高く自分の所有物件を売りたいというのが人情です。

 

不動産業者が査定をする方法は、原価法、取引事例比較法、収益還元法という3種類があります。

 

これから査定依頼をする方なら、確実に抑えておいてほしい内容なので、是非参考にしてください。

 

 

最大6社からの見積もりが出せます。
全国1000社以上の売却シミュレーションを比較し、
最も高く売れる業者とマッチングしてくれるので非常に便利。

 

10年を超える運営実績があるのもイエイの安心感ですね。

 

最短60秒で一括査定が無料でできるので、

 

気軽に所有物件を出してみてください。

 

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

 

イエイ 不動産売却

 

 

 

不動産を売却するならまずは比較してみてください。

 

不動産を売るときの見積もり金額が業者によって全然違うことに気が付くでしょう。

 

最高価格で売却するには、一つでも多くの査定会社に依頼するのがおすすめです。

 

スマイスターでは最多45秒で見積もり可能です。

 

物件の内容と相場をチェックしてみてください。

 

 

スマイスターで土地売却査定! より高く売る方法

 

 

 

60秒の入力だけで、最大6社の査定額が比較できます。

 

住所と物件所在地、

 

おおよその間取り、築年数がわかればすぐに査定開始です。

 

全国1200社を超える不動産会社が参画しているイエウール、

 

おすすめできる不動産売却査定サイトです。

 

 

イエウール不動産売却査定 詳細

 

 

少しでも高い価格で不動産売却するためにチェックしておきたい情報

 

 

不動産売却の流れ マンションや土地を売るときの初期費用 仲介手数料などを事前にチェック

 

不動産の売却を行う事になった場合、まずは売却のサポートをしてもらうために

 

不動産仲介会社や買い取り業者とコンタクトを取る必要があります。

 

知り合いに購入希望者がいる場合、個人間での売買をも可能ですが、

 

個人間での所有権移転手続きや売買契約書の準備、瑕疵担保責任の取り決め等についてはトラブルが大変多い為あまりお勧めできません。

 

売却専門の業者に仲介してもらう事でトラブルに巻き込まれる可能性は低くなるでしょう。

 

業者へ売却相談を行うと後日担当者が査定に訪れます。

 

その際には過去の成約事例などから算出した机上査定書を持参していきますが、仲介会社による査定は無料です。

 

現地にて設備の状況、お部屋の眺望、マンションの状態、近隣の再開発状況などを確認した後に、最終的な査定額が言われます。

 

査定額はあくまでも売却見込み額であり、所有物件を必ずその価格で売却できるわけではないので注意してください。

 

不動産市場でライバル物件が多い状態であれば価格競争が始まります。

 

たとえば、リノベーションなどの付加価値つけて販売を行ったほうが高値がつく場合など、

 

状況に応じて様々なケースが発生します。

 

マンション売却の仲介会社は、これらの状況を加味して販売をスタートするのに良い販売金額をアドバイスしてくれるので、

 

販売活動を行うには重要なパートナーと言えるでしょう。

 

取引事例比較法なども参考にしてみてください。

 

収益還元法や、投機的取引、直接比準など専門用語も出てきますのでチェックしておいてください。

 

不動産売却相場は一括見積がおすすめ マンション、土地査定までの流れと口コミ情報

 

物件の売却査定後に必要な不動産仲介会社との媒介契約

 

不動産売却査定が済んで販売活動をスタートさせるにあたり、仲介会社と媒介契約を結ぶ必要があります。

 

媒介契約には3種類あります。

 

専属専任媒介契約

 

専任媒介契約

 

一般媒介契約

 

自分で買主を見つける可能性があったり、他社とも媒介契約を結びたいなどの特別な理由がない限り

 

専属専任媒介契約で一社と媒介契約を結ぶのがおすすめです。

 

不動産売却相場は一括見積がおすすめ マンション、土地査定までの流れと口コミ情報

 

不動産早期売却のポイントは内覧数の増加

 

他社への情報開示も契約後5日以内、販売に関しての状況報告も一週間に1回以上が義務付けられています。

 

早期売却を目指して熱心な宣伝活動が行われるので、急いでいる方には心強いですよね。

 

媒介契約は原則3か月となり、その間に係った宣伝費に関しては請求されることはほとんどありません。

 

お部屋の内見に関しては、自社、他社からの見込み客が内覧にやってきます。

 

居住中の場合、担当者を通して日程調整がおこなわれます。

 

自分の予定に合わせることはできますが、担当者に立ち合いを任せることもできます。

 

内見依頼は積極的に受けることで早期売却につながるのでここは売却のポイントです。

 

不動産売却相場は一括見積がおすすめ マンション、土地査定までの流れと口コミ情報

 

不動産売買契約後の流れ

 

査定額が決まり、不動産を売りに出した後内覧が続きますが、

 

購入申込のあとに、所有物件の売買価格交渉がうまくいってはじめて無事に契約となります。

 

契約完了の際に、売主は仲介手数料の半額の値段を支払います。

 

残金受け取り時に残金を支払うのが不動産売却の流れです。

 

そのほかでは抵当権抹消費用の支払いや、引っ越し費用が掛かるようになりますが、

 

買主から受け取る売買代金の残金で上記を支払うのが一般的です。

 

不動産売却相場は一括見積がおすすめ マンション、土地査定までの流れと口コミ情報

 

不動産売却 一括査定でのメリットとデメリットとは?

 

不動産売却する際に、一括査定をうまく活用するのがおすすめです。

 

ただし、活用する前に、不動産見積もりのメリット、デメリットをチェックしてから使うようにしてください。

 

 

不動産売却を考えた時に不動産売却一括査定を利用するメリット

 

まず第一にスマホからでも査定価格が比較でき、

 

なおかつ不動産売却相場もわかるということが挙げられます。

 

スピードは非常に速いです。

 

 

不動産売却一括査定を利用した時に、それぞれの不動産会社はさまざまな根拠をもとにして、売却価格を提示します。

 

複数の不動産会社があらわす査定価格を比較し、その価格を表している理由を聞いてみるとなおよいでしょう。

 

もしも1社だけに査定をお願いし、安い査定価格を提示され信じ込んでしまった場合には、高く売却できる可能性を逃すことにつながります。

 

不動産は高い買い物なので、相見積もりを取ることで少なくとも100万、

 

事例によっては1000万以上も見積もり価格に差が出ることがあります。

 

大事なマンションや家を少しでも高く売りたいというのが人情ですよね。

 

査定価格だけで不動産会社を決めなければならないわけではありませんが、

 

高く売れる可能性を逃すことはもったいないと言えるでしょう。

 

 

そして複数の査定価格が分かることによって、おおよその適正価格を把握できるというメリットがあります。

 

複数の不動産会社から提示された価格の平均価格が、相場に近いものです。

 

もしも早く売却したいと考えているのであれば、市場に合った価格で売り出す必要があります。

 

適正価格を把握することは非常に重要なことです。

 

最高価格も不動産売却相場もどちらも把握できるということが、不動産売却一括査定の大きなメリットです。

 

 

そして不動産会社が比較できるので優秀な営業マンが見つかるということもメリットと言えるでしょう。

 

早くそして高く売却するためにも優秀な不動産のプロをパートナーにする必要があります。

 

どうやって物件を売り出していくのかという広告手段は、不動産会社やそこに勤める営業マンによって異なります。

 

優秀な人と出会えるかどうかが高値で売れるかどうかにつながります。

 

複数の不動産会社を比べることによって、その中で優秀な不動産会社や営業マンに出会える可能性が上がります。

 

手間なく信頼できる不動産会社や営業マンを探せるのが不動産売却一括査定と言えるでしょう。

 

不動産売却相場は一括見積がおすすめ マンション、土地査定までの流れと口コミ情報

 

不動産売却を考えた時に不動産売却一括査定を利用するデメリット

 

反対にデメリットも考えておかなければなりません。

 

不動産売却一括査定を利用するデメリットとしては、詳細な個人情報を入力しなければならないことが挙げられます。

 

不動産査定をしてもらうためには、詳細な物件情報を入力する必要があるでしょう。

 

そのため個人情報の取り扱いに不安を覚える人もいるものです。

 

また一括査定に申し込んだ場合には営業電話が止まらなくなる可能性もあります。

 

次から次へと様々な不動産会社から連絡が入り、その対応に追われることが大きなデメリットと言えるでしょう。

 

ただし、そのデメリットを考慮しても、査定金額が100万以上変わってくる事を考えれば、

 

不動産一括見積査定を利用しない理由はないといえます。

 

 

マンション簡易査定のシミュレーション方法をしっかりチェック

 

マンションを売却したいときは、慌てて行動しないようにすることが大切です。

 

慌てて行動を起こす人は、どうしてもマンションの売却では損をしやすくなります。

 

どのように行動するかによって、売却して得られる金額が大きく変わってしまうことがあるのです。

 

しっかりと準備をして、できるだけ高い金額で売却できるように努めなければなりません。

 

とはいえ、初めてマンションを売却する人は、書類関係など売却手続きの進め方も不動産売却相場も分からないため、困惑してしまうことが多いです。

 

よく分かっていない段階で不動産業者とのやり取りをすると、業者のペースで話が進んでしまいます。

 

そこで、あらかじめマンション簡易査定を利用することが重要です。

 

マンション簡易査定は、不動産業者と直接やり取りをするのではなく、インターネットで簡単に行うことができます。

 

そのため、専門的な知識のない初心者でも、自分のペースで取り組むことが可能です。

 

マンションに限らず、不動産を売却するときは1つの業者だけで決めてしまうのは避けて、複数を比較することが欠かせません。

 

複数を比較することで、不動産売却相場がどのくらいなのかが見えてくるのです。

 

最初から1つに絞っていると、そこで提示された金額が正しいものだと思ってしまいます。

 

マンション簡易査定を行う際は、シミュレーションの方法を理解しなければなりません。

 

適当に条件などを入力するだけでは、不動産売却相場を正確に把握することは困難です。

 

シミュレーションの方法はサイトによっても異なりますが、基本的な部分は共通しています。

 

たとえば、売却したいマンションが存在している都道府県、市町村などの情報、面積その他の物件に関する情報を入力することから始まります。

 

売却のシミュレーションを始める前に、このような情報を確認しておくことが大切です。

 

さまざまな情報を入力することで、マンションを売却したときに得られる金額が表示されます。

 

ただし、ここで注意しなければならない点があります。

 

それは、インターネット上で行ったシミュレーションの結果は、必ずしも全てが信頼できるわけではない点です。

 

コンピュータによるシミュレーションなので、マンション周辺の具体的な環境などは考慮されていないことが多々あります。

 

シミュレーションは、あくまでも目安に過ぎないのです。

 

とはいえ、初心者が不動産売却相場を知るためにはシミュレーションが大いに役立ちます。

 

正しい方法を理解し、売却手続きに入る前の準備を進めることが大切です。

 

親から相続した戸建てを売却したいときの注意点

 

何の準備もなく戸建てを相続するケースも珍しくなく、突然降って湧いた出来事に困惑する人も少なくありません。

 

親の実家や別荘などを相続するというのは、財産のひとつでもあるため大切にしたいという気持ちがあるかもしれませんが、

 

実際には現在住んでいる住居もあり、管理費用や手間、固定資産税の支払いなどがあるため売却を検討することもあるでしょう。

 

しかし、売却するにしても様々な問題があるため、すぐに行動するのは難しいことを理解しておかなくてはいけません。

 

不動産売却相場は一括見積がおすすめ マンション、土地査定までの流れと口コミ情報

 

相続した戸建てを売る前に知っておきたい名義人について

 

まず第一に、戸建てを相続してもそれが自分1人だけなのか、家族を含めた全員の名義になるのかを確認しておきましょう。

 

相続人全員の意志で売却が決まっていれば問題ありませんが、1人でも反対する人がいれば手続きを進めることができなくなります。

 

所有権の移転後に注意すべきポイント

 

また、相続が決まって所有権の移転が行われても、登記の名義は亡くなった人になっています。

 

不動産の売却や担保として融資を受けたり、貸し出しをするには登記簿のデータを書き換える必要があるので、これらの手続きを忘れないよう注意しましょう。

 

登記の内容を変えるには法務局に備えられるデータを変更する手続きが必要で、これを相続登記手続きと呼びます。

 

相続登記は義務ではなく期限も定められていないこともあり、その他の相続で手が一杯になって忘れられがちです。

 

いまは不要であってもこれから先に何が起こるともわからないので、面倒でも相続登記手続きをやっておくようにしましょう。

 

不動産売却相場は一括見積がおすすめ マンション、土地査定までの流れと口コミ情報

 

相続物件を売却する時にかかる譲渡税を忘れないでください

 

これで売却の準備が整ったと思ったら、実は戸建ての売却時にかかる譲渡税にも問題が発生します。

 

マンションのように購入した時期がそれほど古くなければ購入代金が明確となっていますが、

 

先祖代々の戸建ての場合は所得した金額が不明な場合が多いため譲渡税の計算ができなくなります。

 

どうしてもわからず取得費が不明の場合は譲渡価額の5%を決まりとして、譲渡税が高く計算されることもあります。

 

所得費が明確にできれば、場合によっては税金をゼロにすることも可能なので、購入時の契約書などは粘り強く探すようにしましょう。

 

何代も続く古い家屋は売っても大した額にはならないと考える人も多いですが、不動産は意外と高額になるものです。

 

最近ではリノベーションなどが流行しており古民家の人気も高まっているので、簡単に諦めることはせず、業者に連絡してみましょう。

 

期待していなかった戸建ても、不動産売却相場が高額になることもあります。

 

不動産売却相場は一括見積がおすすめ マンション、土地査定までの流れと口コミ情報

 

住宅ローンの残債があるアパートを売却する時に気を付ける事

 

アパートを購入する目的が住居であれ不動産投資であれ、必要なのは何よりも資金であるため、どんな形でもローンを組むことになります。

 

融資を受けると当然ながら毎月のローン返済が待っており、普段の収入から必要な金額を支払います。

 

収入が普段の生活費とローンの返済額を上回っていれば問題ありません。

 

仕事が上手くいかないなど何かしらの不都合があり収入が下回ってしまうと、途端に返済が厳しくなるのでそれを回避することが重要です。

 

とはいえ、方々に手を尽くしても回避できないという状況に陥ることもあり、

 

どうにも返済が滞るようであればアパートを手放すことも検討しなければいけません。

 

住宅ローン残債があるのにアパートの売却ができるのかという疑問については、正直に言えば可能と言えます。

 

不動産を購入するために金融機関を利用してローンを組むと、対象の不動産に抵当権が設定されます。

 

じつはこれがネックとなり、売却を検討する人にとって問題となってしまうのです。

 

抵当権は万が一でもローンが返済できなかったときの担保となっており、

 

購入者が所有権を持っていても抵当権によって不動産を取り上げることが可能です。

 

つまり、ローン残債があるアパートを売却するとしても抵当権が付いたままになっているため、通常なら購入してくれる人はいません。

 

そのため、ローンを完済して、金融機関に抵当権を抹消してもらうのが本来の流れとなります。

 

そうした方法が難しい場合には、金融機関と交渉して抵当権を外してもらい、

 

アパートを売却した金額でローン残債に充当させる任意売却があります。

 

任意売却のメリットは返済ができず差し押さえをうけ競売にかけられるより、より条件の良い高値で売却できるという点です。

 

ただし、売却するタイミングによりますが、所有期間が短い場合は不動産売却相場がローン残債を下回る可能性もあります。

 

売却額がローン残債に届かず、手元の資金でも補えなければ抵当権も外せず、買い手がいても売れないことになるので注意が必要です。

 

不動産売却相場は築年数や立地の考慮されますが、不動産投資として利用される際は収益物件として適切かどうかも見られます。

 

自分が住んでいる住宅物件との違いは、毎月の利回りなどを元に、査定額が決定されるという点で、通常の不動産売却よりも厳しい査定となっています。

 

売却時には重要事項説明書で様々な要件を記載する必要があり、

 

管理費や修繕積立金などもここで見られるため、滞納していることを内緒にすることはできません。

 

何の憂いもなく売却したいのであれば、それらの費用も事前に生産してしまうのが望ましいと言えます。

 

不動産売却相場は一括見積がおすすめ マンション、土地査定までの流れと口コミ情報

 

不動産一括見積した後に、不動産業者を選ぶ秘訣

 

不動産売却をするなら、最初に一括査定をするのは基本です。

 

一括査定をすると複数の業者の査定額を一度に比較できるので、不動産業者を決める手間を省けます。

 

しかし一括査定をして査定額が一番高い業者にそのまま依頼するのは、必ずしも賢い方法とは言えません。

 

不動産業者次第で売却の成否は決まるので、慎重に判断しましょう。

 

一括査定で提示された見積もりを見たら、すぐに一番高い不動産業者を選びたくなるかもしれません。

 

しかし不動産売却相場より高額な見積もりをした業者は、専属媒介契約を勝ち取るために提示した可能性もあります。

 

不動産売却相場より高額な価格で売り出しても、なかなか売れず最終的には値下げすることになりかねません。

 

また不動産売却相場より低い見積もりを提示した業者は、地域の相場を把握していない可能性が高いです。

 

不動産売却相場より安すぎる業者は論外ですが、高すぎる業者も見積もりを見ただけでは全幅の信頼を置けないので、即決はしないようにしましょう。

 

一括査定後に不動産業者を選ぶときには、まず確認したいのは、免許番号と行政処分歴です。

 

免許番号を確認することによって、無免許で営業している不動産業者を避けることができます。

 

また免許を交付した行政機関では、無料で行政処分歴を確認することが可能です。

 

信頼のできる不動産業者を選びたいなら、免許番号だけでなく行政処分歴も確認しておくと良いでしょう。

 

不動産業者には得意分野と不得意な分野があり、強みのあるジャンルの不動産ならスムーズに売却しやすいです。

 

得意分野はその不動産業者が取り扱う物件の種類を確認すればわかるので、

 

マンションを売却したいならマンションの取り扱いが多い業者を、一戸建ての売却なら一戸建てと得意分野がマッチしていることを確認しましょう。

 

大手と中小の不動産業者で比較した場合は、知名度の高い大手を選んでしまいがちです。

 

確かに大手には安心感があり、多くの顧客を抱えているので買い手も見つかりやすいかもしれません。

 

しかし中小は親身な対応をしてくれることが多く、またその土地の不動産売却相場を熟しているケースも多々あります。

 

不動産業者の規模の違いはあまり意識する必要はなく、それよりも重視したいのは見積もり時に提示する販売計画です。

 

綿密な販売計画を立ててくれる不動産業者ほど信頼してお任せすることができるので、一括査定の後は販売計画や信頼性を重視して選ぶようにしましょう。

 

不動産を最も高く売却できるタイミングとは 売却時期のポイント

 

不動産を高く売るには不動産売却相場を確認することが大切です。

 

相場を確認する事により価格が変動する節目を判断する事が可能になります。

 

不動産売却相場を参照して購入した時より高く売れるのであれば、それが売却時期とも言えます。

 

不動産売却相場を調べる方法は色々ありますが、自分の所有している物件と似ている物件を探し出して比較検討を行う事により、ある程度把握することが可能です。

 

一般的な物件であればいくつか見つかるので、インターネットを利用して探してみるのも一つの手段です。

 

また高く売る為には時期を決めて売ることが必要になります。春までに新しい物件に住みたいと住みたいと考える方が多いので、春になってから売却するのでは買い手が付きません。

 

春より少し早い時期が絶好のタイミングと言えます。

 

春の引っ越しを考慮すると12月前後が一番売却時期として最適と考えることができます。

 

4月になると新生活を始めるために物件を欲しがる為、立地条件が良い物件であれば、高額で売れる可能性も高くなる時期です。

 

買い手の数が多いので、一人の買い手に固執する必要もなく、様々な方と交渉する方が高額販売するコツの一つです。

 

しかし、この時期に売却できない場合は第2候補の時期として、秋がお薦めです。

 

春と秋が季節の変わり目として、引っ越しをするシーズンにもなりますので、買い手の数が多くなり、交渉をスムーズにする事が可能になります。

 

不動産売却相場より高額でもほしいと考える方が多くなる時期にもなりますので、少々高値で交渉をしても無碍に断られる可能性も低くなります。

 

これ以外のシーズンの場合は不動産売却相場より下げた価格を提示しても買い手が見つからない可能性が高いので、買い手が多い時期を狙って売却するようにして下さい。

 

いくらよい物件を所有していても買いたい方が少ないのでは、競争力が低くなるので、安値でしか売ることが出来なくなってしまいます。

 

買いたい方が多いと物件の魅力が低くても競争力が高くなるので、高額を期待することが出来るのです。

 

急いでいる方が多いので、良い価格を提示された場合は気が変わってしまう前に直ぐに売却の手続きに入るようにして下さい。

 

後から考え直してキャンセルしたいという気持ちを防ぐためでもあります。

 

一度契約書を交わしてしまうとキャンセルを言いにくくなりますので、キャンセルのため、売れ残ってしまうことを心配をする必要もなくなります。

 

 

不動産売却の成功事例、失敗事例 少しでも高く売るために

 

不動産売却で成功するためには、相場をしっかりと確認をしておくことが重要ポイントです。

 

よくある失敗事例として、1つの不動産会社にしか相談をしなかったというものがあげられます。

 

例えば、自宅の近くにある不動産会社に相談をしたら、担当者がいい人そうだったので、そのまま依頼をしてしまったというケースです。

 

不動産会社にも得意・不得意があります。マンションの売却を得意としている企業に一戸建ての売却を依頼しても、満足のいく結果になる可能性は低いでしょう。

 

逆に、不動産売却相場をしっかりと確認していた場合が成功事例として多いです。

 

複数の不動産会社に査定を依頼して相場をしっかりと把握していたので、一番高く売ってくれそうな企業を選ぶことができたという事例などです。

 

不動産査定をしてもらったときに高値をつけてくれた企業は、それだけ高く売る自信があるということです。

 

「餅は餅屋」ということわざがありますが、複数の会社を比較して一番高く売ってくれそうなところを選ぶということが成功のためのキーポイントとなるでしょう。

 

しかし、契約をとりたいためにわざと高めの査定をつける会社もあるようです。

 

そのため、なぜその査定額になるのか、どのように販売活動をする予定なのかということもしっかりと質問をしておきましょう。

 

納得のいく答えがしっかりと返ってきたら、信頼できる可能性が高いです。

 

逆に、あいまいな説明をされたり、ごまかされたりした場合にはその不動産会社には依頼をしないほうがよいかもしれません。

 

不動産が売れない理由としては、価格が高すぎるということがまず考えられます。

 

価格を下げるということはどのようなケースでも有効ですが、売り手はできるだけ高く売りたいという要望を持っているので、それは最後の手段とするべきでしょう。

 

まずはなぜ売れないのかということをしっかりと考えてみることです。

 

不動産会社の販売活動に問題があるために売れないというケースもあります。

 

本気を出して宣伝をしてくれていないというケースのほかに、そもそも経験・ノウハウなどが足りていない(実力がない)というケースもあります。

 

そのような場合には、不動産会社の変更を検討してみるべきでしょう。

 

失敗事例として、リフォームをしてしまったということもよくあがっています。

 

リフォームをすると価格が上がってしまいますので、売れにくくなります。

 

リフォームは買い手にまかせて、価格が安い状態で売りに出したほうが効果的です。

 

しかし、小規模なリフォームならばしたほうがよいというケースもあるので、担当者とよく相談をしましょう。

 

 

高く売れる不動産の条件 マンション、アパート、戸建て少しでも高く売りたい

 

どの物件にも言えることですが、まずは不動産売却相場を知ることが大切です。

 

高く売るには不動産売却相場を知らないとそれが高いのか安いのか判断することが出来ません。

 

不動産売却相場を知る事で自分の物件が高いのか安いのか初めてわかります。

 

物件を高く売る為には築年数の少ない物件で、立地条件がよくアクセスの良い場所な程、高く売れる傾向にあります。

 

しかしこれは購入している物件によるので、自分ではどうする事も出来ません。

 

少しでも高く売る方法はいくつかありますが、まず誰にでも出来る方法として清掃作業を行うことです。

 

 

綺麗に見える物件ほど、買い手が付きやすいですし、高く売ることが可能になります。

 

清掃箇所は外観だけではなく、室内も清掃をする必要があります。それは内覧を希望される方が多いためです。

 

この時に清掃をきちんと行っておくと部屋の中がきれいに見えるので、高く買いたいと感じてくれる方も多くなります。

 

特に水回りは水垢が付きやすくて掃除をするのに手間がかかりますが、キッチンなどの水回りが綺麗だと新築の様な印象を与えることが出来るので、水回りの清掃だけは徹底して行うようにして下さい。

 

水回りの清掃の有無で印象は段違いに変わります。

 

他にも内覧をする際は出来るだけ荷物を少なくしておいて、部屋の中の印象を良くしておくことが大切です。

 

部屋の中の荷物が多いと狭いイメージを持たれてしまい、物件が高く売れなくなってしまう可能性があります。

 

荷物は外に出しておくか、押し入れやクローゼットにしまっておくと良いでしょう。部屋の中が広く見えるので、自分が住んだ時のことをイメージしやすく、買い手も付きやすくなります。

 

 

また内覧時に大切なのが、部屋の明るさです。

 

照明を明るくすることでより部屋が綺麗に見せることができるので、出来るだけ照明は明るい物に取り替えておくと良いでしょう。

 

部屋が暗いと印象が悪くなってしまいます。

 

個人に販売する方法以外にも不動産売却相場を調べて、様々な不動産屋に査定をお願いするのも一つの手段です。

 

不動産によって、買取の金額は異なりますので、多くの不動産屋に見積もりを出すことで、より高額で購入してくれる所を見つけることが出来ます。

 

不動産売却相場を調べておくとそれを元にして交渉材料にしようする事も出来るので、言い値で買い叩かれてしまう様な事もありません。

 

高く売るためには自分の地域を徹底的にリサーチしておく方が良いでしょう。

 

奈良県香芝市の増春建設など、地元につよい不動産業者も多いので、視野を広げて見てください。

 

 

不動産売却後の税金とは?知らなかったでは済まされない税金の話

 

不動産を資産運用のために転売したり、相続した空き家を売却したりするときには利益あるいは損失が出てきます。

 

利益が出たときはそれを所得とみなされて税金を納めなければいけません。

 

税金と言ってもいろいろと種類がありますが、何が課税されるのかを順番に見ていきましょう。

 

まず売却益はサラリーマンがもらう給料などとは切り離される「譲渡所得」という扱いになります。「譲渡所得」は所得税と住民税が課せられることになります。

 

「譲渡所得」の計算ですが売却をして買主から支払われた譲渡代金が全て入るわけではありません。

 

不動産を譲渡した代金に対して、その不動産を購入して取得するために費やした費用と譲渡するためにかかったコストを足したものが差し引かれます。

 

とはいっても、家に代々伝わっている土地を売ったときなどは取得費がいくらなのかということがわかりません。

 

そのときには譲渡代金に対して5%を所得費としてみなします。

 

万が一契約書などを紛失してしまったときにも、同様に譲渡代金の5%が取得費となりますが、

 

銀行口座の記録などからこれまでに支払った金額がわかるようであれば、契約書を紛失したということを申述書に書いて確定申告とともに税務署へと提出します。

 

記録が間違っていなければ、その計算で出された金額を取得費として認めてもらえます。

 

譲渡するためにかかったコストについては、業者に仲介を依頼した時の料金や登記を変更するためにかかった費用、印紙代などが対象となります。

 

住んでいるときに支払った修繕費などは、譲渡に関係ないのでこの中には入りません。

 

さらに課税対象となる譲渡所得に対しては、特別控除制度の条件を満たしていれば年間で最高5000万円まで控除されることになっています。

 

その上で売却した物件を取得した期間に応じて5年以下が短期譲渡所得の税率が掛かり、5年を超えると長期譲渡所得の税率が掛かることになります。

 

短期よりも長期のほうが所得税率も住民税率も低く設定されています。

 

長期譲渡所得では、さらに居住用の物件か非居住用の物件化で扱いが異なります。

 

非居住用の物件では長期譲渡所得はかわりませんが、

 

居住用の物件は10年超所有軽減税率が適用されて課税譲渡所得が6000万円以下の部分は税率が低くなります。

 

最後に不動産売却で発生する税金として印紙税があります。

 

印紙税は契約金額に応じて金額が決まっており、1万円未満であれば非課税でそこから金額が高くなるにつれて徐々に税額が高くなります。

 

以上のことから利益を多くしたいのであれば不動産売却相場を確認するのもよいのですが、税率がより低くなるようなタイミングを見極めることも必要です。

 

 

【不動産査定 関連サイト】

 

不動産査定価格

 

不動産査定方法