大阪の悪徳不動産会社のリストと特徴、見分け方について

MENU

大阪の悪徳不動産会社のリストと特徴、見分け方について

 

家を売却する際に注意しなければならない点として、良い不動産業者を選ばなければなりません。

 

一般の人にとっては住宅を売る際にいくらの値がつくかと言う点についてはわかりにくい点が多いです。

 

不動産業者の査定を受けて売出価格を決めることになりますが、

 

この際に信頼できる不動産業者を選ばないと、正当な価格で売り出すことができず安く買い叩かれてしまいます。

 

なかなか売れずに維持費がかさんでしまい、最終的には非常に安い価格で手放さなければならなくなってしまうことになるので注意が必要です。

 

不動産業者は住宅を販売しその手数料で利益を得ていることが少なくありません。

 

そのため価格が高ければより高い利益を得ることができるようになりますが、価格が安い場合には手数料の割合が法律で決まっているためにこれを超えて利益を得ることができません。

 

悪徳な業者の場合には様々な方法用いてより高い利益を得るように仕向けることがあるので注意が必要です。

 

 

→ 少しでも土地を高く売るなら不動産一括査定サイトがおすすめ

 

 

比較的よく行われる悪徳業者の手口としては、住宅の査定を行う際に本来の価格よりも高い価格をつけ、なかなか売却ができないように仕向けてしまう方法です。

 

売主は売れるまでの間住宅の維持費を自ら負担しなければならないことになるため、固定資産税やその他の費用を支払い続けなければいけなくなります。

 

最終的にはこれらの費用が負担となってより安い価格で処分をしたくなってしまうものです。

 

悪徳業者はここで安い価格で住宅を買い取ることを提案し、買い取ったものを自社で高い価格で販売し利益を得ようとするのです。

 

また他には仲介の方法に対して一定の差別化を行うと言う方法があります。

 

住宅を販売する際の仲介の契約には一般媒介契約と専任媒介契約があり、専任媒介契約の方が販売に対する拘束力が強いのが現状です。

 

手数料による利益が得られる可能性が非常に高くなる点から多くの業者は専任媒介契約を非常に好む傾向があるのです。

 

そのため悪徳な業者の場合には専任媒介契約を結んでいない物件に対しては基本的には積極的に宣伝広告など一切行わず、住宅を売るための努力を一切しないと言う場合があります。

 

このようにして専任媒介契約を取り付け、他社が売却しても、もしくは売主自身が買い手を見つけてきた場合でも自社に手数料が入るような仕組みを作るように仕向ける業者も多いので注意が必要です。

 

悪徳業者の方法はそれまでの経緯を見ると非常にわかりやすいことから多くの地域では悪徳業者のリストを作成していることが多く、これらのリストを確認することで悪徳業者を見分けることが可能となっています。

 

悪徳業者の方法としては基本的には媒介契約を結んでから実際に住宅の売却が完了するまでの期間が非常に長くなっている傾向があります。

 

またその際の金額も当初の金額に比べ非常に低い金額となっていることが多いことからその傾向がわかりやすくなっている点が特徴です。

 

またこのような売り方が多い業者ほど悪徳と考えられる傾向があり、この点に注意をすることで悪徳業者を見分けることが比較的簡単に行えるようになっているのでチェックをしておきたいものです。

 

また悪徳の業者の傾向には地域性もあり、地域によっては多くの業者が同じような手口で利益を高めるようなことを行っている傾向があります。

 

その水準についても十分に認識しておくことが必要になるケースが少なくありません。

 

また住宅の価値も大きく変動することから、単に売却までの期間が長くその金額が大きく下がっている場合であっても、必ずしも問題となるような業者では無いケースも多いのです。

 

そのためその地域性を十分に認識した上で業者を見極める事が重要となっています。

 

大阪の不動産業者は良い業者と悪い業者が大きく分かれると言う特徴があります。

 

良い業者は物件を効率的に売るために多大な努力をしてくれる傾向が強く、契約内容に関係なく様々な手法用いて売主の立場に立ち、

 

より高値で売ることができるような手法をとってくれることが多いのですが、悪質な業者の場合には様々な手段を用いて自社の利益を追求することが多いため、

 

査定の段階で非常に高い金額をつけてなかなか売れないように仕向け、様々な諸費用を売主に負担させたり、

 

契約内容も自社に都合の良いような様々な条件をつけて提示してくることも多いのです。

 

そのため良心的な不動産業者の間では悪質な業者に対して特別なリストを設定し、一般の売主に対して注意を呼びかけています。

 

これらのリストを効果的に利用することが非常に重要です。

 

多くの不動産業者は売主の依頼があってから査定を行うとともに不動産鑑定士等によって正規の査定を行い、その価値を客観的に明確にしてくれますが、悪質な業者の場合には

 

自社の査定のみで売却の行為をスタートさせることが多いため、この点も悪徳業者を見分ける上で非常に重要なポイントとなるので意識をしておくことが大切です。

 

不動産業者選びなら下記一括見積サービスがおすすめ

 

→ イエイで不動産査定

 

→ スマイスターマンション査定

 

→ イエウールで不動産査定