住宅ローンの残債があるのに不動産を売れる?売却の際に損したくない

MENU

住宅ローンの残債があるのに不動産を売れる?売却の際に損したくない

 

何らかの理由によって住宅を売りたくなることは多いですが、住宅ローン残債がある不動産を売るときは注意が必要です。

 

家の売却においては差額分を現金で用意する必要があります。

 

例えばローン残額2000万円で売却額も2000万円なら問題ありませんが、売却額が1600万円にしかならない場合は、400万円を自腹で用意する必要があります。

 

実際には各種諸費用もかかってくるので、50万円程度は追加で用意しておくべきでしょう。

 

十分な貯金があれば問題ありませんが、家を売りたいという状況は貯金に余裕がないことが少なくありません。

 

住宅ローンは完済率が高いローンとして知られており、それは家を手放すことに抵抗があるためです。

 

苦労して手に入れたマイホームは最後まで守りたいと考える方が多いため、ちょっと無理をしてても返済を続けるわけです。

 

大切なマイホームを売るという状況はお金に逼迫しているケースが多いため、貯金に余裕のある方は少数派でしょう。

 

貯金が十分にない方は、高額査定を提示してくれる会社を見つけることが先決となります。

 

車の売買においてもどこに売るかによって2倍を超える査定額の差が生じることが少なくありません。

 

それが不動産となれば300万円の差は普通であり、中には500万円以上の差が生じることもあります。

 

どの不動産会社を選ぶかは非常に大切なポイントであり、高く売れれば貯金を使わなくてもよくなることもあるでしょう。

 

査定先が1社だと比較検討ができませんし、交渉においても不利になります。

 

競合相手がいるから増額交渉をしやすくなるわけで、そのためには数社で見積を受ける必要があります。

 

1社より2社、さらには3社以上で査定を受けたほうが高額で売れる可能性は高いです。

 

高額な不動産を売るからこそ、会社選びは徹底して行いましょう。

 

不動産の一括査定サイトを利用すれば、大まかな相場を把握することができます。

 

エリアと物件タイプを入力することで相場がわかるので、気になる会社を絞って個別査定を受けるとよいです。

 

1000社以上から絞れるサイトもあるので、1社ずつ申込する手間が省けるでしょう。

 

ローンで購入した住宅には抵当権が設定されており、これは簡単に言えば担保のことです。

 

住宅そのものが担保になっており、返済不能になったときに差し出すことになるわけです。

 

家を売りたいときは抵当権を抹消する必要があり、そのためにはローンを完済しないといけません。

 

不動産にも車にも言えることですが、ローンを完済しない以上は自分の所有物ではありません。

 

延滞すれば回収されてしまうので、借り物と考えるのが得策でしょう。

 

もし買い替えを考えている場合は、新規ローンに残債も含められる場合があります。

 

例えば新しい物件が2000万円で、今まで住んでいた物件のローンが500万円残っているなら、新規に2500万円の借入をするわけです。

 

ただし住宅購入には頭金が1〜2割は必要となるので、想像しているよりも多くの現金が必要になると言えます。

 

最終的に一番たよりになるのは現金であり、これはつまりは貯金のことです。

 

貯金が多ければ頭金に回せる金額も多くなるため、将来的にローンの利息を抑えることになります。

 

全額ローンにすれば楽と思うかもしれませんが、頭金を用意した分だけ借入総額が減るでしょう。

 

ローンは借入した金額に対して発生するので、利息を抑えるためにも頭金は多いほどよいわけです。

 

例えば2000万円をすべてローンにすれば、借入した2000万円に対して利息が発生することになります。

 

借入が多いと返済期間が延びるので、より多くの利息が発生します。

 

日数に比例して利息が増えるので、短期返済するためにも借入は少ないほどよいわけです。

 

例えば2000万円のうち500万円を頭金として用意すれば、1500万円の借入だけで済むでしょう。

 

最近の住宅ローンは頭金なしで組める商品が増えていますが、やはり頭金を用意したほうがローンの通過率は高くなります。

 

住宅ローンを滞納していると、いずれ競売にかけられることになります。

 

それを防ぐための手段には任意売却があり、いわゆる住宅ローンの債務整理と言えるものです。

 

この方法ならローン残高がある状態でも売ることができ、残額は分割で支払っていきます。

 

競売より高額で売れることが多いため、住宅ローンを自力で完済できない方は検討してみましょう。

 

毎月の返済は無理のない金額で調整されることが多く、生活を大きく逼迫することはないはずです。

 

競売だと強制執行によって処分されてしまうので、任意売却より損になると考えてください。

 

債権者側は少しでも多くのお金を回収したい心理があるため、任意売却に応じてくれることが多いです。

 

最終的に債務者が返済不能になると、一番困るのは債権者だからです。

 

家を損することなく売りたいときは、それぞれの方法でシミュレーションをして一番お得な方法を選んでください。