事故物件の売却相場 訳あり物件を査定する時の心構えをチェックしておいてください

MENU

事故物件の売却相場 訳あり物件を査定する時の心構えをチェックしておいてください

 

事故物件の売却相場は通常の相場から考えて、半値以下になるケースも珍しくありません。

 

見た目が綺麗に見えても物理的瑕疵がなかったとしても心理的瑕疵が大きい場合には査定を行われる際でも安くなってしまう事が多くなります。

 

また事故物件の場合には借りてくれる相手に対して、必ず告知を行う義務があるので、そこも査定に響いている原因の一つです。

 

事故物件の内容にもよりますが、事件性が強いような場合は極端に値下げをしても売却する事が難しい場合もあるので、注意が必要です。

 

但し、全ての事故物件が安くなるという訳でもありません。

 

事故物件の内容の良し悪しで相場の価格は2割から3割引程度で抑えられる場合もありますし、

 

立地条件の良い所にある物件なら購入をしたいと考えてくれる方も多くなります。

 

その為、初めから安すぎる費用で売却交渉を行うと損をしてしまう事も考えられるので、

 

相場と事故の内容をよく把握して調べてから売却する様にしましょう。

 

他にも物件を高く売るコツとしては、リフォームをしてから売却するのも一つの手段です。

 

例えば、心理的瑕疵事故物件で、室内で亡くなった方が居られた場合には部屋に取れないような汚れが付着している事も多く、

 

そのままの状態で売り出しても高く売ることは難しくなります。

 

また、給水管のメンテナンスなど細かい箇所を行っているとプラス材料となります。

 

リフォームをして室内を綺麗にすれば、告知義務はもちろんありますが、

 

内覧をしてくれる人に良い印象を与える事が可能です。

 

リフォームするのが難しい場合には自分で清掃をしても良いですが、自分で清掃をするのはなかなか難しいといえます。

 

そこで、プロのハウスクリーニングを申し込む事によって、部屋を綺麗にする事ができるので、ハウスクリーニングを依頼するのも一つの手段です。

 

心理的瑕疵がある物件の場合は、見た目の印象がとても大切になるので、告知をした際にそのような事件や事故があったと感じさせない事が大切です。

 

事件や事故の印象が残ったままの部屋を売り出してしまうと買いたいと考えてくれる人は少ないですが、印象があまり無い場合は案外気にしないと言う人もおられるので、スムーズに取引をする事が可能になります。

 

他にも査定を依頼する場合は、一つの不動産に任せるのではなく、いくつかの不動産に依頼をするようにしましょう。

 

不動産によっては価格が異なることはもちろんの事、その地域での強みが違う場合もあるので、買取の価格は変わってきます。

 

訳ありの場合は直ぐに売れる事も少ないので、並行して依頼をしておくほうが良いでしょう。

 

これは見積もりをする場合にも同じことがいえますので、今はインターネットで一括見積もりが出来るホームページも多いので、活用して見るのも一つの手段です。

 

他にも心理的瑕疵が発生した訳あり物件ははやめに売却するのも査定を上げるための方法です。

 

基本的に一度心理的瑕疵が出た物件は買い手がつかない限りそのままの状態になってしまい、築年数が経過するほど、価格は下落してしまいます。

 

マンションの場合であれば、老朽化の問題も出てきてしまうので、スピーディーに取引を行う事が大切になります。

 

戸建の場合は土地の価格の上下があるので、一概に価格が安くなるとは言えませんが、土地の価格が下落してしまった場合には建物の価値も下がってしまい、

 

心理的瑕疵物件の場合には更に売れにくいというリスクを抱えてしまう事にもなるのです。

 

戸建てやマンションに限らずに売りたいと考えた時には即断即決で行動するようにしましょう。

 

売却する期間がはやければはやい程、税金もかからなくなるので、メリットも大きくなります。

 

そのまま所有を続けていると固定資産税などの税金はずっとかかってしまい、誰も住んでいない様な場合には税金を支払うだけ損になってしまいます。

 

すっと税金を払い続けるリスクを考えるとリフォームやハウスクリーニングを行い、売却する方が自分自身の資産を増やす事にも繋がります。

 

信頼する事のできる不動産屋であれば、心理的瑕疵物件でも高額に査定をしてくれるアドバイスをもらう事もできますし、積極的に話を聞いてくれて、営業担当の方も動いてくれるので、信頼できる所を見つけるのも大切です。

 

あまり積極的ではない不動産屋を選んでしまうと心理的瑕疵を敬遠して営業活動を行ってくれなかったりする可能性もあるので、注意しましょう。

 

地元に密着した所を選ぶのが一番の方法になります。

 

心理的瑕疵物件の場合は特に地元での評判を気にする人が多いので、

 

地元の事を詳しく知っている不動産屋にお願いすると心理的瑕疵物件でもデメリットを相手に感じさせる事無く、

 

デメリットを上回る地元のメリットを伝える営業を行ってくれます。

 

この営業方法は地元に詳しい不動産屋でない場合には難しいので、地元に強い所が良いでしょう。

 

心理的瑕疵はデメリットを感じる方が多いので、如何にしてメリットを伝える事ができるかが交渉の秘訣です。

 

料金面だけではメリットを感じない人も居るので、注意が必要です。