給水管の寿命はどのくらい?赤水、漏水などで、不動産の資産価値は下がる?

MENU

給水管の寿命はどのくらい?赤水、漏水などで、不動産の資産価値は下がる?

 

給水管の寿命はどのくらい?赤水、漏水などで、不動産の資産価値は下がる?

水は当然のことながら人間が生きて行くうえでなくてはならないものです。

 

特に日本の水道水は、大都市などではそのままでは不味くて飲めないと言われていますが、

 

地方に行けば十分そのまま飲料水として利用することができるぐらい成分に問題がないと言って良いレベルです。

 

しかし、そんな普段意識することもない水道の水ですが、ある日突然蛇口をひねったら赤水が出てきたらどうでしょうか。

 

きっと誰もが驚いて、すぐに対策を立てようとするに違いありません。

 

水道の水は給水管を通って流れてきますが、この給水管の寿命とはどのくらいなのかを考えてみましょう。

 

特にいずれ、現在住んでいるこの家やマンションの不動産売却を考えているともなると、給水管の寿命と資産価値の関係は非常に気になるところです。

 

給水管の中を流れている水道水の質が劣化するのは、大体築10年から15年ぐらいが目安です。

 

もちろんこの年数は、その土地の土壌や給水管の材質によって異なりますが、10年から15年が一つのポイントといえます。

 

つまり、

 

20年以上も放っておくと、赤水ぐらいでは済まなくなり最悪の場合は漏水ということになりかねません。

 

不動産売却の際に注意したい2ポイント

 

将来的に不動産売却を考えるならば、2つの点に注意してください。

 

定期的に給水管を取り換える

 

まずは、給水管に問題が生じる前に取り換えてしまうということです。

 

当然大掛かりな工事となり費用はかかりますが、家の売却の際にはすでに水回りはクリアされているわけですから、直接資産価値の相場が下がりません。

 

 

売却査定する前に給水管を取り換える

 

一方、15年を過ぎてもそのままにしておいて、いざ家を売却する時になったら水回りを手入れする。

 

水回りに関して、不動産の購入を考えている買い手側にチェックされます。

 

その際に赤水や漏水の問題があるとなると、水回りのメンテナンスの分だけ買い手は値下げの交渉をしてくるということは十分に考えられます。

 

家の資産価値そのものが下がらなかったとしても、ト−タル的に見ると水回りも資産の一部というように捉えられ、売却価格に影響を与えるということは避けられないでしょう。

 

上手に家の資産価値を保つためには、数年毎に給水管を含めた水回りのチェックをすることをおすすめします。

 

それはそこに住む家族の健康のためでもあるということを覚えておいてください。

 

 

 

給水管の劣化で取り換えるのはいくらかかる?劣化診断調査の見積もり方法

 

建物の給水管の劣化を確認したら、迅速に交換しなければいけません。

 

放置したままにしておくと給水管が破裂し様々な被害をもたらし、不動産売却をするときにも相場以下の価格で手放す原因になりかねません。

 

迅速に劣化した給水管を交換すれば、被害の発生を未然に食い止めることが可能です。

 

また不動産売却で不利になる理由を取り除けるので、相場以下の価格になる可能性も減らせます。

 

しかし建物の給水管の劣化を発見したときに、まず気になるのは交換の為に必要な費用です。

 

はたして、給水管の交換費用はいくらなのでしょうか?

 

不動産売却を考え始めている建物だと、交換するよりそのまま手放した方が有利になる可能性もあります。

 

劣化した給水管を取り換える場合は、事前に劣化診断調査を行うのが一般的です。

 

劣化診断調査は目視と聞き取り、書類による診断する1次診断と非破壊検査を行う2次診断があり、その他にも破壊調査など様々な方法があります。

 

このような入念な調査を行うことによって、劣化した建物の給水管の状態を把握することが可能です。

 

その上で最適な修繕方法や交換費用を依頼主に提示して、大規模修繕計画を立てるときに役立てます。

 

所有する給水管の交換費用について調べたいときには、まずは業者に見積もりを依頼し修繕方法も含めて提案を受けるようにしましょう。

 

業者に見積もりを依頼するときのポイントは、信頼性です。

 

大規模修繕工事の経験が豊富な業者なら、劣化診断調査も正確に行ってくれます。

 

劣化診断調査において経験は非常に重要なポイントで、ベテランのスタッフが目視検査や書類による検査を行えば、給水管の状態をかなり正確な部分まで把握することができます。

 

経験不足のスタッフが行うと調査に時間がかかったり、正確な状態を把握することができません。

 

その結果見積もりの信頼性も著しく低下してしまい、工事を依頼すると追加の費用が発生したり最適な修繕計画も立てられなくなります。

 

将来的な不動産売却にも影響しかねないので、見積もりを依頼する業者は実績で選ぶのがポイントです。

 

他にも見積もりを依頼するときには、交換費用の相場を把握しておくことも大切です。

 

給水管の交換費用は安ければ安いほど良いわけではありませんが、相場より高いと無駄な出費になります。

 

できれば別の業者にも劣化診断調査を依頼したり、大まかな相場を調べて把握しておくようにしましょう。

 

実績がある業者に劣化診断調査を依頼し見積もりを確認してから、給水管の取り換え工事は行いましょう。

 

 

 

給水管延命装置を施工するメリットとデメリットとは 株式会社サニックスの評判とは

 

建物は長年使い続けると当然のように劣化していきます。

 

そうなると不動産の価値が著しく下がってしまいますので不動産売却の相場を考えた時に不利になってしまいます。

 

少しでも不動産売却で有利にするためには建物や土地を綺麗にしておく必要がありまして、それは見えている部分だけではなく配管も同じことが言えると思います。

 

建物内の配管設備は常に更新をしていき綺麗にしないといけません。

 

まずは所有物件の不動産を無料で見積もりしてみる

 

→ スマイスターマンション査定

 

→ イエイで家を売るときの見積もり

 

→ イエウールで不動産見積もりする時のの評判とは

 

給水管延命装置を施行することによって、少しでも良い状態を保つことができまして、配管設備を更新して修繕しようとしたら高い費用が掛かってしまいます。

 

給水管延命装置を施行するメリットは、そういった面を少しでも節約して、不動産売却で有利にするためです。

 

逆にデメリットとして考えられる部分は施行するための費用となります。

 

修繕するのか施行するのか、どちらが良いのかといった問題はありますが、コストはどれくらい掛かるのかを総合的に判断して決めれば良いでしょう。

 

延命ではなく更新工事になりますと、掛かる費用が莫大となり、工期も長期化します。

 

また、いつ頃不動産売却をするのかといった問題もありますので、そういった点も考えた上でメリットとデメリットを比べてください。

 

太陽光発電の設置、総合環境衛生管理、廃棄物のリサイクル等の業務で知られるサニックスですが、給水管の延命のための処置を依頼することが可能です。

 

配管を更新するのではなく延命する場合は、錆を削る更生工事、汚れを落とす洗浄工事、腐食を防止するために防錆機器の導入になりまして、赤水対策を施します。

 

給水管の状態によって費用対効果も変わってきますが、サニックスでは計画的に精査して対策をしてくれますから評判が良いです。

 

サニックスは15年間の間で全国で10万件を超える診断実績をもっていますので、更新工事をした方が良いのか、延命や装置を施行したら良いのかを判断して提案してくれます。

 

最新の配管設備の延命装置は費用を最大限まで削減して、効果も増加しており、デメリット部分が削減されてメリット部分が多くなっています。

 

不動産売却の際に状態が少しでも良い場合の方が高く評価されるため最新の装置を使用する等して、配管を良い状態にしておくと良いでしょう。

 

そういった時にサニックス等の大手の専門知識のある信頼できる会社に依頼して、しっかりとした更新工事や装置の施工等をしてもらうことが安心に繋がるのではないでしょうか。

 

水道管の水漏れ修理費用を抑えるコツ!排水管をテープで止めるのはあり?

 

長年暮らしていると水道管から水漏れをすることがあります。勢いよく噴き出すケースもあればチョロチョロと漏れ出るような水漏れもあり状況は様々ですが決して放置することはできません。

 

こうした事情をもし相手に知られてしまったら、不動産売却の際の相場にも大きな影響を与える部分だからです。

 

しかしながら水漏れの修理費用にあまりお金をかけたくないものです。また派手に水漏れをするようになれば多額の修理費用は避けられません。

 

そこで応急処置という形で水漏れを最小限に食い止めることで修理費用を抑えていくことが大事です。

 

ここで効果的なのが防水テープを巻いて水漏れ箇所をカバーするやり方です。一見すると頼りなさそうですが、これがかなり効果があります。

 

まず水漏れの場所を特定し、水漏れの状況を把握します。水漏れをした際に使う防水テープは種類が多く、強力なものも存在します。

 

またテープの幅にも差がみられるため、そのあたりもちゃんとしたチェックが必要です。

 

防水テープを購入し水漏れの場所を特定したら水道の元栓を閉めて水が出ないようにします。そうすることで家全体の水道が使えなくなりますが、応急処置のため一時的に止めるだけです。

 

元栓から締めた後、水漏れの箇所に防水テープを巻きます。乾いた状態でテープを巻くことによりしっかりと巻きつけられてより水漏れを防いでくれます。

 

再び水道の元栓を開放していつも通り使って水漏れが目立たなくなればそれで応急処置は完了です。

 

もちろんこのままの状態でいいわけではなく、いずれは工事をしてもらう必要がありますがそれまでに貯金をして工面できるようにしておけば負担をかけることなく計画的に修理をしてもらえます。

 

水漏れをすると慌ててしまいがちですが、まずは防水テープを巻きつけて様子を見ておくことでその次の対策が立てやすいです。

 

一方で防水テープを選ぶ際に注意したいのが水道に使ってもいいものかどうかです。

 

防水テープによってはちゃんとした検査を経て上下水道の補修用に使ってもいいようにしてある商品もあります。それだけ安全性が高く、有害物質が水道の中に入り込むことを防ぎます。

 

テープならなんでもいいわけではなく、近くにあったビニールテープやガムテープを急いで巻きつけてもその場はなんとかなるものの、何らかの影響を受ける可能性があります。テープで応急処置をするにしてもちゃんとした防水テープをチョイスして、それを使用することが大事です。

 

 

水道管破裂したときの修理方法 素人でも直せる?補修材の選び方をチェック

 

所有しているマンションや一戸建て、両親から相続した土地など不動産売却を行うケースがあるわけですが、売却する不動産物件は築年数や駅からの距離、周辺の環境や土地の広さなどに応じて売却価格は様々です。

 

同じ広さの土地でも駅から徒歩10分の物件と駅から徒歩25分の物件では、駅に近い方が高く売れる可能性を持っています。

 

駅近くは商業エリアでもあり比較的土地価格は高め、しかし、駅から離れると住宅地が広がる場所になり、駅から遠いと通勤や通学にも不便などの理由からも土地価格は下がります。

 

しかし、不動産売却は売却を行う方法や取引を行う会社により金額が異なるのが特徴です。売却の方法には大きく分けて2通りあります。

 

一つは仲介業者に依頼をして購入してくれるお客さんを探して貰う、もう一つは不動産を直接買い取りしてくれる会社を探す方法です。

 

前者は時間が掛かる事もありますが、相場に近い金額で売る事が出来る、

 

後者は仲介業者ではないので仲介手数料が掛かりませんが、不動産会社側も安く物件を仕入れて高く売りたいので、仲介業者に依頼をするよりも売却価格は下がるのが一般的です。

 

急いでいる時には買い取り業者を利用する、じっくりと売却を進めたい時には仲介業者などの選択肢が良いと言われています。

 

所で、住宅の水廻りは詰まりや水漏れなどが生じやすい部分です。

 

新築から数年経過した時に最初にトラブルが発生しやすいのも水廻りではないでしょうか。

 

詰まりや水漏れは専門業者に依頼すればすぐに解決してくれますが、業者により修理費用が異なるので安易に1社で決めてしまうのではなく、2〜3社に声を掛けて見積もりを依頼すると良いでしょう。

 

但し、水廻りのトラブルの中には自分でも解決出来るものもあります。

 

例えば、パッキンの劣化で水漏れが生じている場合には、パッキンをホームセンタで購入、止水栓や元栓を閉じて分解、劣化しているパッキンを新しいものに交換、後は組み立ててから元栓もしくは止水栓を開ければ完了です。

 

パッキンは100円前後で購入出来るので修理費用の大幅な節約が出来るメリットがあります。

 

水廻りのトラブルの中でも水道管の破裂となった場合には、素人では手に負えないケースもありますが、応急処置を行っておけば当面の間は元栓を閉じたままにしなくても済みます。

 

この場合は、元栓を閉じてから破裂している部分にビニールテープでぐるぐる巻きにしておきます。

 

僅かな亀裂であれば、このような応急処置で水道を使う事は出来ますが、亀裂が大きくなる前に専門業者に依頼すると良いでしょう。