家を売り出して3か月たったが売れない・・・。値下げしないと売却できない?

MENU

家を売り出して3か月たったが売れない・・・。値下げしないと売却できない?

 

何かしらの事情で家を売らなければならないと言うことがある場合、お金に困っているケースがあると言えるでしょう。

 

もしも不動産業者を仲介して3ヶ月経過しても売れないのであれば

 

どのようにしたいのかについて相談をしてみる必要があると言えるでしょう。

 

どのような地域でどのような物件を、どのような方針で売るのかによってつける値段と言うものは変わってきます。

 

 

どうしても家を売りたい!不動産売買する前に適正価格を知りたい人は必見

 

→ イエイで土地を無料で見積もり

 

→ スマイスターで土地売却見積もり

 

→ イエウールで土地の値段を今すぐチェック

 

家を売り出して3か月たったが売れない・・・。値下げしないと売却できない?
不動産売却の仕組みを理解しておかなければ、間違った判断をしてしまうことになりますので注意が必要です。

 

例えば家を売る際に急いでいる事情があるのであれば、相場より安くしなければ早期に現金化することが難しい場合も少なくありません。

 

不動産の相場で売却をする場合、購入する人はその地域に住みたいと感じている人である場合が多いです。

 

そのため良い物件であったとしても需要がなければ売れない可能性が十分に考えられます。

 

もしも早期に売りたいのであればより需要を高めるために相場より安くするのが選択可能な方法の1つです。

 

相場より安くすることによって転売によって利益を出そうとする買い手の注目を集めることができるでしょう。

 

買いたいと感じられる価格であるためには、相場よりも明らかに割安であるということが最も手っ取り早い方法であると言えるのです。

 

このような事情がありますので早く売って現金化をしなければならない事情がある場合には、不動産業者に相談の上適正な値引き対策をするのが最も有効な手段です。

 

そうではなく適正価格で売りたいと考えているのであれば、購入希望者が出てくるまでじっくりと待つ姿勢が必要です。

 

不動産会社の判断により待てば売れると言う水準がある程度わかっているのであれば、無理をして値下げをする必要はいません。

 

3ヶ月と言うのは不動産売買をする上ではある程度我慢すべき時間であると言えるかもしれません。

 

不動産業者の考え方にも様々なものがありますが、より高くマンションを売却することを大切にしてくれる業者の場合には売却までにどれくらいの期間を見ることができるかを確認してくれるのが一般的です。

 

前述したように早く現金化をするためには安くしなければなりませんし、適正価格で売りたいのであればまたなければなりません。

 

気軽に購入することができるほど安いものではないというのが不動産物件の特徴なのです。

 

このような性質をしっかりと理解しておくことが適正価格で売却するための大切な考え方であるといえます。

 

ここで当初のテーマである3ヶ月経過をしたにもかかわらず、不動産物件が売れないのであれば、その理由について検討する必要があるでしょう。

 

もしも専門の業者の査定を経ていないのであれば、割高で売ろうとしている可能性があるでしょう。

 

割高の物件を購入するケースは非常に稀であると言えますので、買い手がつかない可能性も十分に考えられます。

 

一般人では不動産売買の相場と言うものはなかなかわからないのが普通です。

 

専門業者が仲介を利用していないのあれば、早い段階で相談するようにした方が良い結果につながります。

 

不動産業者の見立てにより適正価格が明確になったのであれば、急いで現金化したいのかどうかについても検討すると良いでしょう。

 

急ぐ場合には安くするしかありません。割安価格で販売されている住宅等は目立ちます。

 

多くの人の目に留まり購入したいと言う気持ちを引きつけなければなりません。

 

そのためには値引きによる印象を良くすると言う効果が非常に有効に生きてくるのです。このような方法を選択するのがオススメできる方法の1つです。

 

そうではなく少しでも高い価格で売りたいと考えるのであれば、地域によっても考え方は異なってくるといえますが、

 

不動産売買の経験が豊富な業者の立場から、時間の問題であると言う評価があるのであれば待った方が良いでしょう。

 

地域による相場や実際の物件を査定した結果についてはプロの判断に任せたほうが安全です。

 

間違っても自分が売りたい価格で売ることに執着してはいけません。

 

家を売る場合も買い手あっての問題であるということをよく理解しておく必要があるのです。

 

残される問題としては不動産業者の活動の仕方が考えられます。

 

不動産業者のスタッフも人間ですのでやる気の出る内容であるかどうかということも重要です。

 

一般の買取サービスとは異なり不動産は仲介することになるのが多いです。

 

そのためそれなりに長い期間の付き合いになる可能性もあります。

 

良い関係を作っておくということが良い条件で得ることができる可能性を高めることに役立つのは言うまでもありませんので、

 

売り手であるからといって高飛車な態度に出ないように良い関係を作りながら交渉を深めていくということが重要であると言えるでしょう。

 

不動産業者のやる気を高めるような相談の仕方に気を配ることもとても重要な要素であると考えられます。

 

急いで家を売りたい場合を除き、いたずらに値段を下げていくことが有効であるとは限りません。

 

マンション売却スタート!売却提示期間が長いと売り出し価格よりもどんどん下がる!その理由とは?

家を売る時には売却期間が長ければ長いほど、どんどん値下がりしてしまいます。

 

その為、売り出し価格を決める際には高すぎる価格を設定してしまうとずっと売れ残ってしまう場合があるので、注意が必要です。

 

売却期間によって値下がりする理由はいくつかありますが、まず一つは長期間売れない事により、何か訳がある物件ではないのかと勘ぐられてしまう事です。

 

もちろん本当の訳あり物件であれば、告知義務があるので告知にて知る事ができますが、

 

近隣にトラブルがある等の訳あり物件の場合は事故物件扱いにはならないので、告知義務がありません。

 

その為、実は何かしらの訳あり物件なのではないかと憶測されてしまい、買い手が付かずに敬遠されてしまいます。

 

次に売却期間が長く、売り出し価格から割引して売り出した場合にはこんなに値段が下がったのだから、更に下がるのではないかと期待感を持たれてしまう事があるからです。

 

特に売り出し価格を相場以上に設定しており、割引した価格が大きい場合には更なる値下がりを待たれる方が多くなり、更に値下がりをしないと買い手がつかないという悪循環に陥ってしまいます。

 

これを防ぐためにはまずは適切な売り出し価格を設定する事と長期間の売り出しにならない様に工夫をする事が大切です。

 

基本的に家を売る場合には引き渡しや内覧が必要になりますので、売却期間が短かった場合でも1ヶ月以上かかってしまう事は多くなります。

 

中古の家を買いたいと考えている購入者は転居を含めてから購入を検討する為、シーズンの1ヶ月以上前には家を売る準備をしておかないと売却期間が長引いてしまい、どんどん値下げをする事になってしまいます。

 

値下げをしない為にも迅速に購入者を決める事が出来れば、円滑に取引をして家を売る事ができるので、家を売る為にもまずは熟練の不動産屋を頼る様にしましょう。

 

不動産屋であれば、ある程度のアドバイスをしてくれるのと売り出し価格が妥当なのかどうか判断もしてくれます。

 

アドバイスに沿って物件を売る事で、売却期間を短くする事が可能です。

 

また物件には普通の商品と違い、定価という物が存在しませんので、いくらでも高い金額に設定する事は可能ですが、その分値下げ交渉をされる可能性が高くなります。

 

不動産の値下げ交渉は基本的に内覧後に交渉される事が多いので、値下げ交渉の折り合いが合わなかった場合には物件が売れずに新しい購入希望者を探す必要が出てきます。

 

この様に売り出し価格を高額に設定しすぎてしまうと多くの購入希望者から値下げ交渉を受けることになり、時間もかかってしまうので、より価格はどんどん下がる様になります。

 

この辺りの値下げ交渉が起こらない様な妥当な価格設定を不動産屋であれば、相談に乗ってくれます。

 

また売却についてもその不動産屋を通す事で、より多くの購入希望者に見てもらう事が出来るようになり、売却期間を短くする事が可能です。

 

自分でネットオークション等を利用して売却する方法もありますが、知識がないとトラブルに発展する可能性もあるので、不動産屋を頼るほうが良いでしょう。

 

他にも売却期間を短くするコツとしては内覧をしてくれる購入希望者に気に入ってもらえるような室内に保っておく事が大切になります。

 

整理整頓を行うのはもちろんの事ですが、清掃もきちんと行いましょう。

 

汚れている箇所が多いと購入希望者も良い風に見てくれませんし、購入を検討する事にも繋がりかねません。

 

売り出し価格の割には綺麗だと感じさせる事で、物件に対するお得感を演出する事ができます。

 

お得な物件だと感じてもらう事ができれば、すぐにでも購入したいと考える方は多くなるので、一度の内覧で購入が決まることも珍しくありません。

 

内覧が何度も重なってしまうとその分、売却期間が長くなってしまい、値下がりにも繋がります。

 

内覧の他のポイントとしては、クローゼット等の荷物を片付けておく事も大切です。

 

クローゼットに荷物をいれたままでは、部屋を広く見せる事が出来ないため、窮屈に見えてしまいます。

 

売り出す場合にはクローゼットの中をあけておく為にも不要な荷物は先に処分しておきましょう。

 

出来るだけクローゼット以外の場所に関しても荷物は少なくしている方が、部屋を広く見せる事が出来るので、購入希望者にも良いイメージを与える事が可能です。

 

良いイメージを与える事ができれば、即断即決で購入してくれる場合もありますし、検討になったとしても前向きに購入を検討してくれるので、早い返事をもらう事ができます。

 

また壁紙の汚れが気になる場合やペットの臭いが気になる場合には清掃をしてもとる事ができない可能性もあるので、

 

その時はハウスクリーニングを依頼するか、思い切ってリフォームを依頼するのも良いでしょう。

 

プロに任せる事で、自分では出来なかった汚れを落とす事ができるようになるので、内覧時にも新築物件の様な印象を与える事が可能になります。