家が売れない!販売開始しても申し込みが全然入らない場合リフォームしたほうが売れる?

MENU

家が売れない!販売開始しても申し込みが全然入らない場合リフォームしたほうが売れる?

 

販売開始しても申し込みが全然入らない場合には、家をリフォームしたほうが売れる可能性はあります。

 

ただあくまでそれは可能性についてだけだという事をしっておく必要があります。

 

本当に家を売却したいのであれば、売れない理由をしっかりと吟味をしていく必要があると考えるべきです。

 

例えば売れない理由が立地にあるとすれば、それはリフォームをしても意味は無いでしょう。

 

立地が問題なのですから、見た目だけを良くしても意味がありません。

 

つまり、リフォームをして売れるのは見た目が良くないために売れないという理由の時には効果があるという事になるというわけです。

 

ただ、ほとんどの場合において家が売れない理由は値段が高いという事がほとんどだといってもいいでしょう。

 

つまり、コストパフォーマンスが良くないので売れないという理由になっていることがほとんど。

 

その証拠に価格を下げていけばほとんどの家が売れていくのです。

 

ですから、理由を考える時にこの値段だからという事を考える事は必須だといってもいいかも。

 

そして、その値段で売れないのであれば、リフォームをしてさらにリフォーム代を上乗せして売る事になるのでしょうが、

 

それで売れるのかどうかは分からないという事になる事は知っておく必要があります。

 

住宅のリフォームをすればその費用はまるまる値段に上乗せしようとする人がほとんどのはず。

 

となれば、ますますお客さんの手が伸びてこなくなる可能性はあるという事になります。

 

という事は、当然リフォームも価格を含めてしっかりと検討する必要があるという事になります。

 

格安でリフォーム出来る方法を知っているというのであれば、それはやった方がいいかもしれません。

 

例えば自分でリフォームすることが出来るというような場合は、これはかなり格安で出来るでしょうからすべきです。

 

場合によってはリフォームの技術が無くても自分で学びにいって、技術を習得して自分でリフォームするという方法もありでしょう。

 

本当に家が売れなくて困っているというのであれば、そうした事を考えても良いはずです。

 

リフォーム技術は学ぶ気があれば3カ月もあれば学ぶことが出来るでしょう。

 

別に難しい技術が必要になるわけではありません。要はやる気だけの問題と言えなくもありません。

 

やってはいけないのは、高いリフォームです。確かにリフォームをすると見違えるようにきれいになりますから、これで物件の価値は上昇したかに見えます。

 

ですが、高いリフォーム代がかかると、それがそのまま物件価格に上乗せされることになるでしょうから、

 

それでは売れない時と同じ理由で売れなくなってしまいます。即ち高いから売れないという事になるだけになることも考えられるわけです。

 

もしも格安でリフォームをすることが出来て、物件価格がほとんど同じで売りに出せるというのであれば、これは間違いなく効果を発揮することになるでしょう。

 

売れなかった物件があっという間に売れる可能性すらあるといっても良いかもしれません。

 

それぐらいに見た目というのは人の心を動かす効果があるからです。

 

全く魅力的に見えなかった物件が見違えるように魅力的に見えるようになるという事はあり得ることです。

 

このように家というものは常にコストパフォーマンスで考えられるという事を考えておく必要があります。

 

どんなに素晴らしい魅力的な物件も高ければそれはその値段を聞いた瞬間に魅力は無くなってしまうものです。

 

逆にみすぼらしいと感じていても、格安の値段だと聞けばそれで魅力的になるという事は当たり前のようにあります。

 

特に今はリフォームという技術がある事を知っていますから、その価格や相場を知っている人は、それでどれぐらいのことが出来るのかという事を知っています。

 

そのためリフォームされていないような物件で魅力がなさそうでも価格が安ければ、掘り出し物として買っていくわけです。

 

ですから、販売という事を考える時には常にコストというものを意識して行動をする必要があると言えます。

 

単に綺麗だから売れる、汚いから売れないというような事では無いという事を考えておく必要があります。

 

このことが分かれば、格安でリフォームをする意味も分かるでしょう。

 

決して高いリフォームなどしてはいけません。売れない物件がますます売れなくなるだけだと言えます。

 

問題が値段にある時にリフォームをしてさらに値段を上げるなどとんでもない事だという事です。

 

ですから、格安でリフォームが頼める業者を知っている、若しくは自分でするというような事でもない限り、

 

安易なリフォームはリスクを高くするだけだという事は知っておく必要があります。

 

リフォームをすれば売れるのではなくて、コストパフォーマンスの良い物件にすれば売れるようになるというように考え方を変えるようにしましょう。

 

その為には今なぜその物件は売れないのかという理由をしっかりと考えて、その対策となる事をしなければなりません。

 

→ 不動産の任意売却のメリット、デメリット